お参りの仕方

 ここでは、神社でのお参りの仕方について ご案内をしています。

  1. ホーム
  2. おまいり
  3. お参りの仕方

神社に参拝する

 お子様の初宮詣でや受験合格祈願などの神様への「祈り」

 日々の暮らしや収穫に対し、神さまの恵みへの「感謝」

 古来より、私たちは神社を常に身近に感じ、お参りしてきました。

 何よりも大事なのは、私たちが心をこめて神様にお参りするということです。

 ご存じの方も多いとは存じますが、ここでは、より丁寧な「お参りの仕方」を確認してみましょう。

参道の歩き方

 神社の入り口には鳥居があります。一番最初の鳥居をくぐる時は、軽くおじぎをすると良いでしょう。

 鳥居をくぐると参道となります。この参道の真ん中は、神様が通る道ですから、私たちは中心を避けて進みましょう。

 ところで皆さんは、目上の方に何かお願い事をする場合、どのような服装をして会いにいきますか?

 神様にお参りする時は、良識のある服装を心掛けた方が良いでしょう。

手水の作法

 参拝の前に、心身を清浄にします。私たちの先祖も、清浄であることを大切にしてきました。

 ①柄杓(ひしゃく)に水を汲む。

 ②柄杓を右手で持ち、左手を清める。

 ③柄杓を左手で持ち、右手を清める。

 ④柄杓を右手で持ち、左手に水を取り、口をすすぐ。

 ⑤左手を流す。

 ⑥柄杓を縦にして、持ち手を洗い流す。

 清めたら、いよいよ神前に向かいましょう。

参拝作法

 

 参拝の基本は、二拝二拍手一拝(二礼二拍手一礼)です。

 ①まず脱帽し、神前に進む。

 ②賽銭を入れ、鈴を鳴らす。

 ③深く2回頭を下げる。

 ④胸の前で手を合わせ、2回拍手する。

 (この時に、感謝や祈りをしても良いでしょう。)

 ⑤深く1回頭を下げる。

玉串拝礼の作法

 正式参拝やご祈祷では、玉串を捧げて拝礼する機会があります。

 玉串を捧げるということは、自分の誠の心を捧げて、神様の御恩をいただくということです。

 ①玉串を両手で受け取る。

 ②玉串を立てて、祈念する。

 ③時計回りに回し、根本を神前に向けて捧げる。

 ④二拝二拍手一拝の作法で参拝する。