霊犬神社 例祭

 霊犬「しっぺい太郎」のおまつり

  1. ホーム
  2. まつり
  3. 神社のまつり
  4. 霊犬神社例祭

霊犬神社 例祭について

 見付天神 矢奈比賣神社では、毎年4月15日に「霊犬神社例祭(れいけんじんじゃれいさい)」を行っています。霊犬神社は「つつじ公園」内にありますので、朝6:30からの月次祭に続いて、場所を移しての祭典となります。

 霊犬神社は、「悉平太郎(しっぺいたろう)」という犬をお祀りしています。

 怪物を退治して見付の里を救ってくれた、霊験あらたかな犬を神様として祀り、その功績に対する感謝するとともに、これからも守っていただきますよう祈願するお祭です。

 かつては危難除け・災難除けの神社として有名でしたが、最近では犬を祀ることから、ペットの健康祈願にも御利益有りとされています。

霊犬 しっぺい太郎伝説

 霊犬「悉平太郎(しっぺいたろう)」伝説は、怪物を退治して見付の里を救ってくれた、霊験あらたかな犬のお話です。

霊犬神社の御朱印

 霊犬神社の御朱印は、見付天神 矢奈比賣神社の授与所にて記帳しています。

 本年は、戌年でもありますので、平成30年限定の御朱印を用意しています。

ペット連れでの参拝

 見付天神では、霊犬「悉平太郎」をおまつりしていますので、ペット連れでの参拝は可能です。

 ただし、神社内は神聖な場所です。飼い主としてのマナーを守り、境内を汚す不浄な行為・他の参拝者へ迷惑がかかる行為等はご遠慮ください。

ペット健康祈願について

 見付天神では、霊犬「しっぺい太郎」をおまつりすることから、ペットの祈願もおこなっています。

 長生きできますようにとの「延命長寿祈願」、病が治りますようにとの「病気平癒祈願」を承っています。

 いずれの祈願も、随時受付しています。祈願は戌の日にあわせて霊犬神社前で行い、後日に神符を郵送致します。参列の必要はありませんので、受付の際に、お参り下さい。