祇園祭

 無病息災を願うおまつり

  1. ホーム
  2. まつり
  3. 神社のまつり
  4. 祇園祭

見付地区 祇園祭について

 磐田市見付の祗園祭は、遠江国総社 淡海國玉神社(おうみくにたまじんじゃ)と 天御子神社(あまみこじんじゃ)の例祭です。祭典は、宵祭(金)・例祭(土)・終祭(日)の3日間で構成されます。

 第一日目である「宵祭(よいまつり)」は、中央町の天御子神社より遠江国総社である淡海國玉神社へ御神霊が渡御します。

 第二日目である「例祭(れいさい)」は、総社・神輿前での天御子神社例祭を行います。この日には謡曲「舞車」奉納も行われます。

 第三日目である「終祭(しゅうさい)」では、御神霊が、総社より三本松・河原町のお旅所を経て、天御子神社にお帰りになります。

祇園祭 宵祭

 宵祭(よいまつり)は、夕刻6:30、天御子神社(あまみこじんじゃ)にて、祗園祭に関係する人々の清め祓いを行います。

 参列者が心身清められたところで、天御子神社にて宵祭を行い、神輿に御神霊をお遷しします。

 見付の各町内から選出された輿番が奉仕し、各町の印提灯に見守られながら、総社・淡海國玉神社までお渡りをします。

 総社に着御後、神輿を社殿に据え置き、淡海國玉神社の宵祭を行います。

祇園祭 例祭

 例祭は、17:00より松謡会の皆様による、謡曲「舞車(舞車)」の奉納があります。

 18:00より淡海國玉神社例祭を行い、引き続き、天御子神社例祭を神輿前にて行います。

 夜には各町の屋台の引き回しや、手持ち花火大会により、境内は大変賑わいます。

祇園祭 終祭

 磐田市見付の祗園祭は、遠江国総社 淡海國玉神社(おうみくにたまじんじゃ)と 天御子神社(あまみこじんじゃ)の例祭です。祭典は、宵祭(金)・例祭(土)・終祭(日)の3日間で構成されます。

 第一日目である「宵祭」は、中央町の天御子神社より遠江国総社である淡海國玉神社へ御神霊が渡御します。

 第二日目である「例祭」は総社・神輿前での天御子神社例祭を行います。この日には謡曲「舞車」奉納も行われます。

 第三日目である「終祭」では、御神霊が、総社より三本松・河原町のお旅所を経て、天御子神社にお帰りになります。

遠江国総社 淡海國玉神社

神社名 遠江国総社 淡海國玉神社
(とおとうみのくにそうしゃ おうみくにたまじんじゃ)
御祭神 大國主命(おおくにぬしのみこと) 他16柱
由緒  創立年月は不詳ですが、平安時代の初期とつたえられています。かつて都から赴任した国司が最初におまいりした由緒ある神社です。遠江国の神々が祀られている神社であることから、総社と呼ばれています。
 かつて都から赴任した国司が最初におまいりした由緒ある神社です。遠江国の神々が祀られている神社であることから、総社と呼ばれています。
 社殿等建築物が、平成28年に静岡県の文化財に指定されました。
お問い合わせ先 矢奈比賣神社社務所
〒438-0086 磐田市見付1114-2  
電話     0538-32-5298  
ファックス  0538-36-8117

天御子神社

神社名 天御子神社(あまみこじんじゃ)
御祭神 素戔嗚尊(すさのおのみこと)・櫛稲田姫命(くしなだひめのみこと)
由緒  創立年月は不詳です。延喜式神名帳には、「遠江国磐田郡天御子神社二座」とあります。
 社伝によれば、「一条天皇正暦2年勅を奉じて天下泰平・五穀豊穣のため舞車の神事を執行す、故に舞車神社とも称す。中古には牛頭天王と称し奉る。」とあります。
お問い合わせ先 矢奈比賣神社社務所
〒438-0086 磐田市見付1114-2  
電話     0538-32-5298  
ファックス  0538-36-8117