令和の御代を記念して

 ここでは、矢奈比賣神社での屋根修復事業について ご案内をしています。

  1. ホーム
  2. 令和の大改修

屋根葺き替え事業 御奉賛のお願い

 常日頃より当 見付天神 矢奈比賣神社 の護持運営・諸活動にご協力、ご理解を賜り厚く御礼申し上げます。

 さて、当神社の御本殿は江戸時代の建築であり、昭和48年に葺替えをしています。また、拝殿は昭和8年の建築です。

 銅板の寿命は50年程度といわれていますが、経年による劣化と大東亜戦争による空襲や台風による被災等により、いたるところで破損している状態です。雨漏りが複数箇所で見られ、早急に修理が必要な状況となりました。

 そこで、令和の御代を祝い記念事業として屋根の葺替えによる修復事業を計画いたしました。

 私たちの代だけでなく、次世代子々孫々へ神社の大切さと伝統の継承のため、皆様のご協力を仰ぎたく、よろしくお願い申し上げます。

御奉賛のご案内

 氏子の皆様にもご奉賛をお願いしている次第ではありますが、一般の皆様にも広くご浄財をお願いしております。

 社頭にて受付をしておりますので、お声がけください。

屋根銅板奉納のご案内

 屋根の葺き替えにともない、その材料となる銅板の奉納を募集しています。

 皆様の「お名前」や「願い」が屋根の一部となり、神様にとても近いところへ納められます。数十年に一度の貴重な機会となります。ぜひ皆様のご奉納をお待ちしています。

 初穂料は銅板1枚につき 3000円となります。

 お一人につき何枚でも結構ですが、数に限りがありますのでご了承ください。

銅板奉納のつづき

 磐田市のイメージキャラクター「しっぺい」も書いてくれました。