霊犬悉平太郎伝説

 見付の町を救った、勇気ある犬の物語

  1. ホーム
  2. おまいり
  3. 霊犬悉平太郎伝説

白羽の矢

 見付天神裸祭は、腰蓑を着けた男達によって毎年盛大に行われています。しかしながら、昔は泣き祭りといって、人身御供(ひとみごくう)が行われていたと伝えられています。

 遠い昔のお話です。

 見付の里では、毎年8月の初めになると、どこからともなく飛んで来た「白羽の矢」が、ある家の屋根に突き刺さっていました。矢を立てられた家は年番といいました。年番では、その家の娘を生きたまま柩 (ひつぎ)に入れて、8月10日の真夜中に見付天神へお供えする、悲しい「しきたり」がありました。

 ※人身御供(ひとみごくう)=人間をお供えすること  ※柩(ひつぎ)=白木でできた箱  ※しきたり=習慣・ならわし 人身御供

悲しい泣き祭り

 里人たちは、今年も泣く泣く娘を白木の柩に入れて、皆でかついで神社に向かいます。一点の明かりも見えない真っ暗な山道を進み、柩を社前に降ろしたら一目散に逃げ帰ります。しばらくすると天地鳴動(地ひびき)して怪神が現われ、大きな声をあげて柩をかき破り、ついに娘を食い殺してしまいます。

 このような悲しいできごとが、毎年繰り返されていたのです。

柩を眺める妖怪

怪神の正体

 ある年(延慶年間)に、雲水(旅の僧)が見付の宿へ通りかかりました。ところが、お祭りで楽しいはずの里人たちが、皆とても悲しそうな顔をしています。不思議に思った雲水が話を聞いたところ、この泣き祭りのことを知りました。雲水は、「見付の神様が、そんなことをするはずがない。」と思い、何とか里人を助けたいと考えました。そこで祭の夜にこっそり神社の様子をうかがいに行きました。

 夜中になり、地響きととも現れたのは、神ではなく見るも恐ろしい妖怪でした。

 「信濃の国の悉平太郎に知らせるな。今宵今晩このことは、悉平太郎に知らせるな」

 どうやら妖怪は、信濃(長野県)の悉平太郎(しっぺいたろう)を怖がっている様子でした。

妖怪

一路 信州へ

 これを聞いた雲水は、悉平太郎を探す旅に出ました。

 信濃の国へ行って「悉平太郎」という人を探しますが、どうにもわかりません。更に根気よく探していると、それは光前寺に飼われている、たくましい犬だということがわかりました。

 さっそく住職に会って事情を話し、悉平太郎を借り受けたいとお願いをしたところ、こころよく承諾してくれました。

 雲水は悉平太郎と共に見付へと急ぎ帰りました。

 ※光前寺=長野県駒ヶ根市にある寺 悉平太郎を探す

再び見付

 雲水たちが見付に帰ってくると、次の年の8月になっていました。

 今年も年番の屋根に白羽の矢が立っています。雲水はじめ里人たちは、娘の代わりに悉平太郎を柩に入れることにしました。

 里人達は、例年のように神社の前へ置いて早々に帰りました。

白羽の矢が立つ

悉平太郎の活躍

 やがて山内鳴動して、妖怪が現われました。妖怪がバリバリと柩を破るやいなや、中にいた悉平太郎は猛然ととび出して、妖怪に襲いかかりました。

 悉平太郎と妖怪の格闘の響き声が、見付の里まで聞こえてきました。長い長い闘いの末、ようやく静かになりました。

 ※山内鳴動(さんないめいどう)=山の方での地ひびき 闘い

激しい戦いの後

 次の日、里人が、恐る恐る神社へ来てみると、年経た狒々(ひひ)が血まみれで巨体を横たえていました。周囲を見回すと、いかにものすごい闘いであったかを示すように、いろいろなものが散乱していました。それは目をおおうようなありさまでした。その横では悉平太郎がケガをしていましたが、幸いにも生きていました。とうとう悉平太郎が妖怪を退治したのでした。

 見付の里人は、悉平太郎の立派な働きぶりに心から感謝し、大般若経六百巻を書き写して光前寺へ奉納しました。

雲水と悉平太郎

諸説

 磐田では「悉平太郎」と呼んでいますが、駒ヶ根地方では早太郎、又は疾風太郎とも呼ばれています。

 この伝説には、後日談がたくさん残っています。一説では、重傷を負いこの地に倒れたので人々は、見付天神横へ山神として祀ったともいいます。又、秋葉街道犬居、阿多古大宮付近にて力尽きたという話もあります。

 駒ヶ根市の光前寺では「霊犬早太郎の碑」があって、無事帰山したものという話が伝わっています。

立ち去る悉平太郎

 見付天神参道の赤鳥居の横には、霊犬悉平太郎像が建っており、今でもその物語を伝えています。

 また、悉平太郎は、見付を救った神様として霊犬神社にお祀りされています。

 霊犬神社は、つつじ公園の中に鎮座して、いつまでも皆さんを見守ってくれるでしょう。

しっぺいたろうの像

 イラスト・・・稲垣美雪