神棚のまつり

 ここでは、ご家庭における神棚のまつり方をご案内しています。

  1. ホーム
  2. まつり
  3. 家庭のまつり
  4. 神棚のまつり

神棚は家庭の中心

 神棚は一家の中心となる神聖なところです。

 ご家族が心をあわせ、神様を敬い、祖先を尊び、神棚にお参りしましょう。

 お参りすることで、神様やご先祖様のご守護により、家庭円満と子孫繁栄に恵まれるでしょう。

神棚の位置

 神棚は家の清浄な所に、南か東を向けて設けるのが理想的です。

 集合住宅や、和室が無く神棚を設置するのが困難なご家庭では、タンスや棚の上に白い布や紙をひいて、その上に御神札をおまつりしてください。

 いずれも目線より高いところでのお祀りをお願いします。

神棚におまつりする御神札(おふだ)の順序

  • 横に並べてまつる場合
    • 中央に神宮大麻(伊勢神宮のおふだ)
    • 右側に氏神さま(地元神社のおふだ)
    • 左側に崇敬する神社のおふだ
  • 重ねてまつる場合
    • 一番手前に神宮大麻
    • 次に氏神さま
    • 奥に崇敬する神社のおふだ

神社で祈祷した際にいただいた神符(おふだ)は、神棚の横に立てかけるようにして、おまつりしても良いでしょう。

神棚のお供え

 神棚には毎朝、米・酒・塩・水等をお供えしてお参りします。

 米は洗米か炊いた御飯、水は朝一番にくんだ水をお供えします。

 また、お酒やおみやげ、季節の初物をいただいたときなどには、そのつどお供えしましょう。

 お供えを、毎日新しくするのが大変な場合は、月ごとに一日や十五日などの日を決めて交換しましょう。

 その場合でも、日々のお参りは欠かさないようにしましょう。

お参りの仕方

 お参りの作法は神社に参拝するときと同じ、二拝二拍手一拝です。

 朝夕に感謝を込めてお参りしましょう。

古い御神札の納め方

 一年間、お護りいただいた古い御神札は、近くの神社に納めます。

 見付天神にも、古い御神札を納める「古札納め所」がございます。